中絶手術をするなら

望まない妊娠には避妊具を心掛けて

結婚して10年目にして妊娠中絶手術のため産婦人科へ中絶手術の流れ望まない妊娠には避妊具を心掛けて

次に気が付いたのは病室でおそらく出血を押さえていたコットンをはずすので体をあげてくれと看護師に言われたようですが聞こえただけで体は動きませんでした。
麻酔を追加したかどうかは報告されませんでしたし、そのせいなのかもわかりませんでしたが、本来麻酔から覚めてもいい時間になっても目覚めなかったらしく、迎えに来ていた夫は非常に心配したそうです。
それでも病室に通されることはありませんでした。
このように中絶手術は女性の体にとって一つも良い事はありません。
自分の意志で性行為をするのであれば必ず避妊具を使用することを強くお勧めします。
また、女性は基礎体温をつけると随分と生理の仕組みが分かり易くなりますのでお薦めします。
私が産んであげられなかった命に申し訳なく思っているときに弟夫婦の妊娠がわかり、そちらは祝福を受けて生まれてきました。
本当なら同じ年の従兄弟に当たる命だったと甥の成長をみながら、産んでいたらこの年なんだと一生思い続ける事でしょう。